バイト初心者でも採用される理由

経験の有無より仕事に取り組む姿勢が大切!

魅力的をどこに感じるかを考える

今までに、アルバイトの経験がない人には「履歴書の志望動機って何?」「面接で志望動機を聞かれたら何て言えばいい?」という人が多いのでないでしょうか。正社員で就職をする人ならまだしも、アルバイトなのにそんなに真剣に考えるの?と余計に悩むところでしょう。しかし、明確な目標を持っていないにしても、応募をするからには採用して欲しいのは当然のことでしょう。志望動機はその人の熱意が伝わりますからとても重要なものです。ここをいい加減に記入してしまったり、面接時にうまく伝えることができなかったら、採用は難しくなってしまいます。そして、ありきたりなことを伝えても企業側にアピールをすることができません。面接官に強く印象づけるようなことを考えなくてはならないのです。アルバイトの職種によっても志望動機を変えた方がよいでしょう。例えば、飲食店の場合は「人と接することが好きだから」「家から近いから」という理由でも採用されやすいと思います。しかし、デスクワーク系の職種の場合はその企業の仕事をしてみたいから、という理由の方が採用されやすいのです。ですから、その企業でどうしても働きたいことを伝えるために、どのような魅力を感じてそこで働きたいのか、そこで働くことで得たいものは何かなど、その企業ならではの動機を伝える必要があります。さらに、その企業で働く際の目標を伝えることができれば、他の応募者と差をつけることができて強い印象を残すことができるでしょう。